スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レポート12 オークやら着ぐるみやら狙われた学園やら

レーゼマン・グリーンフィールだ。
まず最初に謝罪を。今回までの間にいくつも溜めてしまってすまなかった。
今回はたまったシナリオの感想をまとめてお送りしたいと思う。

いつもより長くなるので続きからどうぞ
まず最初はオークの最終章、『オークスバレー解放戦役』。

過去2回続いたオークとの戦いの決着となるシナリオだ。
私も第1回は参加したのだが第2回は残念なことに落選、第3回にて復帰することになった。
3回続いたこともあってこれまで活躍していた私が参加する獅子小隊、ジーベック率いるノイエ・シュテルン、イレブン率いる騎狼部隊がメインとなっていた。
活躍としては私とイライザの連携が描かれていた。残念ながら目標を仕留めることはできなかったが満足のいく結果だったと思う。
今後も今唯ケンタロウMSのシナリオはぜひ参加したいものだ。

つづいて、『着ぐるみ大戦争~扉を開く者(第1回/全6回)』

こちらは過去2回続いた着ぐるみ大戦争がキャンペーンになったものだ。
秋山遼MSは毎度アクションについての解説を行っており、私のアクションもダメ出しされた経験がある。
そんなこともあってぜひとも見返してやりたいと思って参加したのだが・・・なぜか招待参加をもらっていた。
リアクションでは情報収集を若干していただけなのだが・・・今回は特にコメントでも触れられてないのでどういう基準なのかもわからない。
まぁ、これで参加するチャンスが増えたと考えておこう。次回のシナリオが今から楽しみだ。

最後に『狙われた学園~シャンバラ教導団編~1話/全2話』

こちらは教導団にもぐりこんだ不穏分子を演習にておびき出して捕まえようというシナリオ。
私は久し振りに一人で活動することになり、後方から演習を観察することにしてみた。
その結果、最後にやってきた教官の偽物を暴くことができた。しかしその後現れた別のものが幼いドラゴニュートを人質にその前に捕まった二人とともに逃げてしまったのだ。
こちらのシナリオでも招待参加をもらうことができた。次は蒼空学園での決戦であるが、どうなるか楽しみだ。

今後はできる限りため込まないようにしなければならないな。
次回は火線の3話目。前半のラストということで気を引き締めていきたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。